クリスティーナの世界を求めて

石狩湾沿いを北上すると、左手に日本海、右手に荒涼とした丘陵地帯が見えた。 水色の潮風は、僕をクリスティーナの世界へと誘う。


この旅は、アンドリュー・ワイエスの幻影を探し求めた旅でもある。多くの人は、この荒涼とした廃墟を嫌う。何か寂れた、もの悲しさを誘うからであろうか?僕は、なぜ、ワイエスがこのような荒涼とした世界を描き続けたのか考えた。


昨年、アンドリュー・ワイエス展を見た時、どこか北海道の懐かしい原風景を思い出した。アメリカと日本の違いはあるけれど、いつかこの枯れた風景に共通点を見出そうと思った。

ワイエスは22才の時、メーン州の海辺の小さな村にある、古い大きな木造の一軒家を訪れた。そこには、二人きりで住んでいたオルソン家のクリスティーナとアルヴァロンという姉弟が、寄り添いながら与えられた生を淡々と生きていた。その姿に共感を抱いたワイエスは、以後深い友情のもと姉弟が亡くなるまで親しく交流したという。そして、夏が来るたびにこの家を繰り返し訪れ、30年間に渡り描き続けた。


クリスティーナの世界は、手足の不自由な女性が自力で丘を這い上がって、前へ進もうとしている生命力を感じさせる1枚の絵である。人里離れた、殺風景なところにワイエスは何を感じ、どんなインスピレーションにより絵を仕上げていったのだろう?


僕は、そんなことを考えながら、この廃墟と化した土地を眺めた。耳を澄ますと、牧場で淡々と働く人々の風切音が聞こえてくる。ワイエスは、廃墟を描こうとしたのではなく人々の面影を描こうとしたのだ。


この土地を訪れて、自然の厳しさと生命の力強さを感じた。

7回の閲覧2件のコメント

美しく、輝く、輪を求めて。

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-13-8 アビターレ神宮前B-3 TEL.03-6721-1763

©VIGLOWA Inc. All right reserved.