コーディネートを考えないカーナビ

ある日、突然、ふつうに、さらりと車にカーナビがあったらいいのになあ、と思った。なぜなら、最近、車を変えたから。僕は、車を頻繁に買い替えないで、毎回10年は乗る。いまだにカーナビというものを使ったことがない。いつも、膝の上に地図を乗せて運転しているので、よく道を間違うし、高速では同乗者と話に夢中になっていて、降り損ねることがある。



僕がカーナビを選ぶときのポイントは、機能性なんかよりもデザインを優先して、イルミネーションとか内装とのコーディネートが重要になる。どうして、日本のメーカーは、そういうことを考えないのかなあ。ソニーのデザインがシンプルで一番良かったけど、カーナビを撤退してしまった。


赤のイルミネーション、2DINタイプのデザインで気に入ったものがないのだ。パイオニアサイバーナビは、ブルーのイルミネーション。パナソニックのストラーダは、ちょっと紫がかったブルー。クラリオンは、水色のようなスイッチ。店頭でいかに受けるかとか、最終的な決裁権は奥さんにあるので、奥さんが好みそうなデザインにしているのではと予想される。


日本の場合、親しみやすさと趣味の悪さを勘違いしているような気がする。銀行のキャッシュディスペンサーや、飛行機のシートについているモニターに映し出されるお姉さんのイラストは、同じような制服、同じようなポーズで両手を前に重ねてぺこりと頭を下げる。

イギリスへ行ったときに乗った、ヴァージンアトランティックのモニターのグラフィックは、かっこ良かったなあ。機内の説明や非常時の脱出のアニメーションなどは、UKロックのグラフィックだった。色使いもビビッドでおしゃれだ。


唯一、デザインが気にいったカーナビは、ケンウッド。シンプルで、かっこいい。だけど、店頭では必ず、「録音機能がついていない」とか、「画質が」とか店員さんに言われるけど、「運転中に誰が録音するんだ」と言いたい。画質が良くたって、テレビを見ながら運転したら危険ではないか。それよりも、運転しながら四季の移ろいに感動するとか、もっと楽しむことが一杯あるはず。


日本のメーカーは余計な機能ばかりつけて、消費者に目新しさ訴求しようとする。冷静に考えたら、その機能の半分も使わなかったりするんだけどね。デザイン後進国日本。物が溢れているのに本当に欲しい物がない。優秀なデザイナーは沢山いるのに、それを採用する企業は数字しか追い求めないような気がする。

11回の閲覧4件のコメント

美しく、輝く、輪を求めて。

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-13-8 アビターレ神宮前B-3 TEL.03-6721-1763

©VIGLOWA Inc. All right reserved.