ハチドリのお話

フィスバのクッションには、 シルク地にクリスタルでハチドリが、埋め込まれていた。

これは、フィスバとスワロフスキーのネオシャンデリアプロジェクトとのコラボレーション。製品化するにあたって、クリスタルを埋め込む技術にとても苦労されたようだ。ハチドリは、毎秒55回、最速で約80回位の高速ではばたいて、空中でホバリング飛行を行う際に「ブンブン」とハチのような羽音をたてることから、ハチドリと名付けられた。英語でハミングバードという。



これは、何かの知らせなのだろうか?僕は、前日、インターネットのアマゾンで「ハチドリのひとしずく」という本を取り寄せたばかりだった。それは、南米アンデス地方の先住民に伝わるお話。    森が燃えていました...

   森の生き物たちは、われ先にと逃げていきました。

   でも、クリキンディ(金の鳥)という名のハチドリだけは行ったり来たり、    くちばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは、火の上に落としていきます。

   動物達がそれを見て「そんなことをしていったい何になるんだ」といって笑います。

   クリキンディは、こう答えました。    「私は、私にできることをしているだけ」

   (光文社 『ハチドリのひとしずく』 監修/辻信一より抜粋)




このお話から、多くのことを学ぶことができる。今、私にできること...フィスバは、生活の中にこのハチドリをさり気なく取り入れて、人々に「今、自分にできることは何でしょう?」と問いかけているような気がする。大袈裟なことでなくていい。身近なことで些細なことから。


僕にできることは、何だろう? デザインで人々に「心地良さ」を感じてもらえるえることを目指して....

16回の閲覧8件のコメント

美しく、輝く、輪を求めて。

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-13-8 アビターレ神宮前B-3 TEL.03-6721-1763

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

©VIGLOWA Inc. All right reserved.