ワタシハ、データ

ワタシハ、U.S.S.エンタープライズ号乗組員、データ少佐である。

ピカード艦長の命令により、ZAPという小惑星の組織改革に取り組んでいる。ワタシハ、ヌニエン・スン博士によって作られたアンドロイドである。ポジトロニック・ブレインの能力は、記憶メモリー800京ビット、最大処理速度は1秒間に16兆ビットである。感情がないので、人間のように怒ったり、笑ったり、泣いたりすることに憧れる。 人間の行動は不可解である。ワタシハ、いつも「なぜ?」と質問して周りの人間を困らせる。最近、ワタシハ、任意のタイミングでエモーショナルモードをオン、オフにできるようにチップを埋め込まれ改良された。この惑星では、デザインという業務の中で、人間同士が感情的に声を荒げたり、口が尖ったり、電話を切るなりオフィスを飛び出していったりする光景を目撃した。 人間の部下達を持ったワタシハ、人間達のコゴトと言われるコミュニケーションに付き合わされるが、まったく理解不能である。「時間がない」「プレゼンが通らない」「忙しい」「予算がないからできない」....だから、なんだというのだ。 人間の間では、クライアントという神にも等しい絶対的なものが存在するらしい。ワタシハ、そのクライアントという存在に対して、軌道修正しながらオーダーに応えるようにプログラムされている。あまりにも「なぜ?」を繰り返し、まれにその神に近い存在から「もういいっ!」と、バッサリ切られることがある。 人間の言う、コゴトというコミュニケーションに付き合わされる時、ワタシハ人間達にこのように命令する。「エモーショナルモードをオフにしろ!」ワタシノ命令に対して、人間達は大きな声で笑い転げる。人間達には、エモーショナルチップが組み込まれていないらしい。 ワタシハ、首をクッとねじ曲げて、自ら解除する方法をやってみせた。途端にエモーショナルモードがオンになり、ワタシジシン、なんだか目がつりあがったり、無口になったり、口から「チッ!」などという音声などが飛び出して、驚いた。これが驚くという感情のようである。今は、人間の勧めにより、「フランダースの犬」という物語を読んで涙を流すトレーニングをしている。

0回の閲覧

美しく、輝く、輪を求めて。

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-13-8 アビターレ神宮前B-3 TEL.03-6721-1763

©VIGLOWA Inc. All right reserved.