上善水の如し

滝の水は上から下へと流れる。相手の器に応じて、いかようにも形を変えていくことができる。そして、つねに低いところへと流れていく謙虚さもある。という老子の言葉。改めて、僕はまだまだこの域に達していないと思い、自分を戒めた。


以下、老子の言葉。

タオの在り方に一番近いのは天と地であり、 タオの働きに一番近いのは水の働きなんだ。 そして、タオの人がすばらしいのは水のようだというところにある。


水っていうのはすべてのものを生かし、養う。 それでいて争わず、威張りもしない。 人の嫌がる低いところへ、先にたって行く。 水はよほどタオの動きに近いんだ。



タオの人は、自分のいる所を、いつも善いところと思っている。 心は、深い淵のようなに静かだ。 つきあう人をみんな善い人だとし、 自分のいうことはみんな信じてもらえると考え、 社会にいてもタオの働きの善さを見失わない。 その人は、手出しをしないであらゆる能力を充分に発揮させ、 人々は自分の一番いいタイミングで活躍する。


これをひと口でまとめると争うな、ということだ。 水のように、争わなければ、誰からも非難をうけないじゃないか。

                      (タオ/老子 訳:加島祥三)




歳を重ねるごとに謙虚さが大事なんだよね。(hide★の言葉)

2回の閲覧

美しく、輝く、輪を求めて。

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-13-8 アビターレ神宮前B-3 TEL.03-6721-1763

©VIGLOWA Inc. All right reserved.