top of page

憧れのムットーニさま

週末、松屋銀座で開催されているムットーニ展へ行った。

ムットーニ展で、機会仕掛けのおもちゃ箱を見ていると、時が経つのも忘れてしまう。旅人、異次元、1920年代のニューヨークのキャバレー、どこかにロマンを置き忘れた大人達が、何かを思い出したように釘付けになる。3連休の土曜日は、歳甲斐もなく異次元空間にしばらく身を置いて、我を忘れてしまった。



会場では、ムットーニのサイン会をやっていたので、ありたっけのDVDやら書籍を買って列に並んだ。僕の前には、若い女性がサインをしてもらっている。ムットーニは、サービス精神旺盛に女性と話をしていた。やっと僕の番がきた。ムットーニは、「おや、次もお若い方が...」内心、『若くないです。ムットーニ先生とそんなに歳は変わらないはずです』と思ったけど、何も言えなかった。


勇気を出して、「昨日、雄一君と電話で話していたんです」と言ったら、びっくりしていて「おっ、ユウボーの友達?」「えっ、まあ、友人と言うか、仕事仲間と言うか...」ごもごも口ごもりながら、僕は舞い上がり「今日、とても良かったです」と脈絡のないことを言ってしまった。


ムットーニは、「ユウボーさあ、オープニングの時に来ていたんだけど、バカなことばっかり言って笑わせるんだよ。ちゃんと良かったと言っておいて!」と言われたので、「はっ、はいっ!」と声がひっくり返りながら、後ろに並んでいる人に押し出されるように列からはみ出してしまった。以前、パルコでやったときもお会いしたのにやっぱり覚えていないようだ。


ユウボーとは、長年一緒に仕事をやってきたコピーライターのM君のことでムットーニの弟でもある。前日、電話をくれて「おれは、あのブログの台風一過のように、もう過去の人間ですか?」などと、コピーライターらしい拗ね方をする。まあ、そんなことはどうでもいい。それよりもムットーニ展のことを何も言ってなかったじゃないか?


僕は、ムット−ニが羨ましい。いや、僕がムットーニになりたいくらいだ。同じモノ作りに関わる人間として、ムットーニ以外のクリエイターからサインなんかもらいたいと思ったことはない。なぜなら、僕があげたいからだ。僕は、有名になった時のために小学校の頃から、サインの練習をしていたのだから。ムットーニの世界感を語っていないけど、言葉にしてしまうとつまらなくなってしまう。とにかく、見て損はないと思うよ。

閲覧数:30回

12 Comments


>アンエロさま

絶対に見てください。命令です! きっと、幸せになりますよ。 本来は、子供の頃から人見知りするタイプだったんです。 目が悪く、目つきが良くなかったのと、 人前で緊張していたのを、勝手に周りはクールだと 思っていたみたいですけど。 大人になって、いろいろな人と話をして、 見聞を広めるのが楽しくなりました。 負けず嫌いで、激しい気性は、その裏返しです。 さすがに最近は、丸くなってきましたけどね。

投稿者:hide★ :2007年9月21日 17:03

Like

>fumipanさま

ムットーニのアトリエがいいんですよね。 学生時代からの古いアパートをそのまま使って、 今に至っているような世界です。 もの作りの環境というのは、あのような混沌としている中に 秩序があるというのが理想ですね。 大金持ちのなって、六本木ヒルズにアトリエを構えてほしくないですね。 たとえ、六本木ヒルズが住まいだとしても、 あの古いアパートを原点に通ってほしいです。 僕が決めることじゃないけど。 そのボックスアート、完成したら見せて〜!

投稿者:hide★ :2007年9月21日 16:56

Like

全く全然、知らなかったんで、ちょっとググってみました。 良いですね。素敵です。世界がある人はすばらしいですね。 機会があれば本物見に行きます。

にしても、hideさん緊張するなんて、ちょっとびっくり。

知らないこと、恥ずかしいけど、知ったときの新鮮な驚き があります。ということで素敵なアーティストを知って感謝です。

投稿者:アンエロ :2007年9月21日 16:36

Like

誰ピカで何度か観ました。 作品世界は絵本の「ティーポットオペラ」を3Dで 鑑賞しているような気にさせられます。 オフィシャルサイトのアトリエ探訪がけっこう好きだなぁ。 実は今、佃煮が入っていた桐の空箱が可愛いので ボックスアートを製作中。 秋の工作、たのしいよ〜☆

投稿者:fumipann :2007年9月21日 14:14

Like

>香明さま

そうなんですよ。 クリエイターって、どこかナルシストなところがあって、 「おれって、天才?」って思う事があるんですよ。 (これを読んでいる、クリエイターのあなた、今頷きましたね) その後、プレゼンの結果、奈落の底に突き落とされたりと 起伏が激しい、命がいくらあっても足りない職業です。 でも、なんでみんな子供頃、サインの練習するのですかね。 台風一過といい、サインの練習といいい、 みなさんの告白、可笑しいですね。 ムット−ニのサイン、きれいですよね。 子供の頃から、この日を夢見て練習したのかな?

投稿者:hide★ :2007年9月21日 01:28

Like

美しく、輝く、輪を求めて。

bottom of page