top of page

森の中のスターダスト

北国の夜空でスターダストを見た。


深夜、森の中、どこまでも続く一直線の道を車で走っていた。夜空にキラキラ輝くモノがうごめいた。そこは民家などなく、辺り一面森の中。ヘッドライトを消すと真っ暗で何も見えない。空を見上げ、少しずつ目が慣れてくると星がキラキラ輝いていた。

こんな夜空、東京では見たことない。あまりにも感動してしばらく夜空を見上げていると首が痛くなった。『これを写真に残すことができるのだろうか?』と思い、三脚とカメラを取り出しセッティングした。仕事仲間のフォトグラファーに露出の設定を聞こうと思ったが、深夜をとうにまわって朝を迎えようとしている。昔、独学で写真の勉強をしたとき、バルブで撮影することを思い出した。 『まっ、いいか!適当に30秒だ』暗闇の中、頭の中でカウントして30を数えた。目が慣れてきて、星の数がだんだん増えてくる。


まるで、宝石箱をひっくり返したようにキラキラが散らばっていた。夜空の中でひっそりと輝いている星くず達。太陽や月のようにはっきりと存在感があるわけではなく、多くの星が集まってキラキラ輝いている。だから、どの星が素敵というわけでもない。僕が星を好きなのは、ひっそりと輝いているところだ。これ見よがしに目立つのは僕の美学に反する。あくまでもさりげなくが大事。 ひとつひとつは、小さく見える星だけど、僕は、あの星のようにいつまでもキラキラ輝く星となることを、自らに誓った。

閲覧数:25回

10 ความคิดเห็น


Hidetoshi Shinohara
Hidetoshi Shinohara
27 พ.ย. 2562

>soraboshiさま

きらら星は、どんな星? 盆と正月は帰省するのでしょうか?

投稿者:hide★ :2009年9月11日 10:16

ถูกใจ

あたしもきらら星に帰りたくなった…

投稿者:soraboshi :2009年9月10日 21:24

ถูกใจ

Hidetoshi Shinohara
Hidetoshi Shinohara
27 พ.ย. 2562

>さいとーさま

金星がひと際、大きく輝いていました。 そろそろ、故郷に帰ろうかな。

投稿者:hide★ :2009年9月 5日 13:31

ถูกใจ

そろそろ金星に帰ったほうが良いんじゃないのかい。

投稿者:さいとー :2009年9月 4日 22:05

ถูกใจ

Hidetoshi Shinohara
Hidetoshi Shinohara
27 พ.ย. 2562

>akiさま

北海道の東の方は何もなくていいね。 東京から見た北海道のイメージって、 こんな感じなんだろうね。 あっき、留萌をなんとかしなくちゃ!

投稿者:hide★ :2009年9月 2日 17:31

ถูกใจ

美しく、輝く、輪を求めて。

bottom of page