真心を閉じ込める

3月から、新しくスタッフTが入社した。


東京では、桜も散って世間では、日々の慌ただしい生活に戻ったころ、Tは自宅近くに散っていた桜を拾って、パウチ加工をした桜をプレゼントしてくれた。 うれしいじゃありませんか!桜には来年まで会えないと思っていたのに、こんな方法があったなんて。これで、桜は道路に散って踏みつぶされることもない。まるで、平面ガエルのど根性ガエルピョン吉みたいだ。(失礼!若い人達、知らないですよね)これで、平面桜は来年まで、ずっと僕のそばにいてくれる。 2月下旬、デザイナーを募集しようと思っていた時、突然、応募してきたTに、僕は「新卒は取らない」と言った。それは、クリエイティブ以前に、社会人のマナーから教えなければならないからだ。と、友人にその話をしたら「おまえは、経験者でも手取り、足取り、丁寧に教えているじゃないか。だから、新卒だって資質さえあれば同じだよ」と言われた。「たしかに!」と僕はつぶやき、会ってみた。作品のパワーが歴代1位だったのと、まだまだ荒削りだけど、自然体でキラキラ輝いている人柄に魅力を感じて採用した。 僕の直感は、当たったのかもしれない。散った桜をパウチして、桜色のリボンまでつけてみんなにプレゼントしてくれた。真心って、こういうことなんだよなあ。僕は、常日頃、デザイン以前に人間性が大切だと思っている。これから、人格形成をしっかりとしごいてやろうと思っていた矢先に、こんな小憎らしいことをされちゃあ、たまったもんじゃない。 先週末、Tのお父さんが上京してきたらしいので、僕はTに「お父さん、どんな会社か心配していたでしょう?」と聞くと、「おまえの選んだ道だから心配していない」と言われたらしい。「もし、私がヤンキーの彼氏を連れて来たらどうする?」って、聞いても「おまえの選んだ男なら心配しない」と言われたそうだ。その瞬間、僕は、『お父さんが許してもオレが許さんっ!』と、心の中で叫んだ!(ウソッ!ウソッ!)

23回の閲覧10件のコメント

美しく、輝く、輪を求めて。

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-13-8 アビターレ神宮前B-3 TEL.03-6721-1763

©VIGLOWA Inc. All right reserved.