自分を見つめ直す

慌ただしく過ぎ去っていく日々過ごしていると、ふと立ち止まって自分を見つめ直したくなる時がある。



思えば、北海道の片田舎から出て来て、30年という月日が経った。


北海道にいた時は、密かにギタリストになる夢を見て、ギターばかり弾いていた。ろくに勉強をしなかったので、美術の先生に「画家になりたい!」と言ったら、「手遅れだ!」と言われた。子供の頃から、絵を描くことが大好きだった。クレヨンと紙を与えられると何時間でも書き続けていた。美術の成績だけが唯一の取り柄だったのにその夢を打ち砕かれた。当時、UKロックのレコードジャケットが魅力的で、グラフィックデザイナーという職業を知った。この道があるのだと思った。


上京後、この東京を征服してやるなどと息巻いていたけど、デザイナーになりたての頃は、挫折の連続。「才能がない、やめちまえ!」「IQが低い!」と怒鳴られる連続で、自分が一体何をしたいのだろうと思い始めた20代前半。夢に見たグラフィックデザイナーが、こんなにも現実とかけ離れたものだと思わなかった。毎朝、出社するのが苦痛で、会社にいてもいつもおどおどしてばかり。そうなると、負のスパイラルに陥り、ますますミスばかりする。毎日、こんなここと言われていると、精神的におかしくなり、一年が経つ頃には、風邪だと思っていたのが、アパートで喀血し肺結核と診断され入院してしまった。


一年の闘病生活を経て、医者からはこの仕事は過酷だからやめなさいと言われた。それでもやりたかった。この仕事で、命を落とすならそれでもいいと思った。最愛の祖母は、元教師で教育熱心だった。教育には、多大なお金をかけてくれたのに僕はその環境から逃げていたのだ。東京に出て、絶対に成功してやる!と強がっていたのに、僕は祖母に弱音を吐いた。返ってきた言葉が「不可能はないんだからね。これからでも人の何十倍も努力すれば、必ず努力は報われる」と言われた。さすが、明治生まれ、陸軍大尉の妻だ。


それからは、自分の甘さを反省し、大量に本を読みノートに書き付け、夢中で仕事をした。仕事は、自分から取りにいった。気がついたら、1993年3月に会社を設立してから、16年が経つ。スタッフも増えたり、減ったり。うちのスタッフには、厳しいことは言うけれど、僕のようなスタートでつまづくようなことはしてほしくない。三歩進んで二歩下がるの繰り返し。チャレンジは、まだまだ続く...

18回の閲覧8件のコメント

美しく、輝く、輪を求めて。

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-13-8 アビターレ神宮前B-3 TEL.03-6721-1763

©VIGLOWA Inc. All right reserved.