輝きを取り戻したい...

年明け早々に浜松町貿易センターから、フォトコンテストの参加の打診があったので参加した。フォトグラファーでもないのに恐縮したけれど、資料を拝見するとアマチュア写真家ばかりだったので、承諾した。



震災の後、表彰式があり銅賞をいただいた。みなさん、ほとんどがアマチュアだったと思う。すごい、精力的に撮られているのを拝見してなんだか欲が出てきた。入選すればいい方だと思っていたのが、銅賞というのは微妙なところ。なんで、そこまでいって金賞じゃないんだ? そんなメラメラと欲望が芽生えてくるということは、まだまだ枯れていない証拠である。それにしてもいい写真だと思うんだけどなあ?節電や派手なことの自粛ムードでこの写真をブログにアップするのを控えていたけど、電力の浪費というよりも世の中の輝きを取り戻したい。GLOWは、僕の今年のキーワード。ギャラリーヴィグロワのコンセプトにもなった。 審査員の先生には、僕の添付したメッセージに共感いただいた。以下そのメッセージです。 TOKYO GLOW

思えば、30年以上も前のこと、北の果てから飛行機に乗って上京してきた。羽田空港に降り立ったとき、正直、東京へ来たという実感がなかった。ボストンバックを膝に抱え、モノレールの車窓に釘付けになり、じわじわと「これが東京だ!」と実感が湧いてきた。浜松町の駅を降りたとき初めて都会の喧噪を体感した。多くの人が無秩序にあらゆる方向へ急いでいる。「そんなに急いでどこへ行くのだろう?」と思った。上を見上げると空が見えず、あたり一面灰色のコンクリートジャングル。18才の少年は、巨大な都市に飲み込まれそうそうになった。同年代の少年達は、みんな大人に見えた。心の余裕などあるはずがない。気負いばかりが空回りした。混沌とした時間ばかりが過ぎ去り、くじけそうになってうつむいてばかりいた。あれから33年の月日が経ち、少しは心の余裕ができたのだろうか?今、浜松町貿易センターの展望台に立ち、都内を見渡せば、こんなに美しい輝きを放っていた。夢と希望を与えてくれるエネルギッシュな都市。そんな東京が好きだ。

19回の閲覧8件のコメント

美しく、輝く、輪を求めて。

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-13-8 アビターレ神宮前B-3 TEL.03-6721-1763

©VIGLOWA Inc. All right reserved.