top of page

ダマスク

フィスバで、ダマスク柄のクッションとブラインドを見た。

ダマスクとは、16世紀頃、十字軍がシリアの首都ダマスカスから持ち帰ったとされている。そこから、ダマスクのバラと呼ばれるようになり、ダマスクローズとも呼ばれている。特徴は、ダブル咲きのフォルムをしており、このクッションの柄にもよく表現されている。

僕は、このクッションのダマスクのシンメトリーグラフィックの柄を見て、ヨガをイメージする。人体の中心線上にある7つの生命エネルギーの中心をチャクラという。この7つのエネルギーポイントは目で見ることはできないが、実際の身体を包むエネルギーによって形成された身体の7つの器官オーラ体というものらしい。


チャクラは、サンスクリット語で「車輪」という意味である。7つのチャクラは、知的で精神的なエネルギーと肉体的なエネルギーが文字通り車輪のように回転させることにより、サイキックな能力と芸術的な能力、魂の領域へとアンテナを発達させることができるらしい。

このダマスクの柄は、ヨガのモールチハ・プラーナヤーマという呼吸法のポーズにも見える。このポーズは、大地にしっかりと根付き頭上に太陽をイメージするという。


このダマスクの柄を見て精神的に落ち着くのは、体内にあるチャクラがフル回転する前の深呼吸をしているポーズに見えてならない。僕自身、このダマスクの柄を見て、チャクラのスイッチがオンになったようだ。

閲覧数:11回

4 Comments


>Reiさま

師走です。 文字通り、走り回っていると、ダマスクを見ても 別なものに見えてくるようです。 また、シンメトリーのグラフィックをじっとみていると 安定感があり、心が落ち着きますね。 花びらが広がっていく感じは、飛躍を感じます。 色や、形は、心理的にいろいろと影響を与えるものですね。

投稿者:hide★ :2007年12月21日 08:12

Like

お久しぶりです。お元気そうですね! ダマスクってよーくみると面白いんですよね。 ヨガのポーズには思っていなかったけど すごく安定感もあり躍動感もあり威圧感もあり・・・ 延々キーワードが思い浮かびます。 また色の使い方によっても世界観が変わりますよね。

投稿者:Rei :2007年12月21日 01:29

Like

>uenchさま

ヨガのポーズは、難しいですね。 これでも、以前より身体が柔らかくなったのですが、 まだまだ、イテテエーーーッ!です。 でも、姿勢を良くして体軸を正せば、 チャクラが働き始めるような気がしますね。

投稿者:hide★ :2007年12月20日 23:05

Like

チャクラのスイッチオンして、瞑想しましたか? きっと素晴らしいアイディアが生まれたことでしょう! 私もここで思わずヨガのポーズをば・・ イテテ・・身体固!

投稿者:uench :2007年12月20日 21:39

Like

美しく、輝く、輪を求めて。

bottom of page