緊張感

Kさんと筑波山へ登った。


優しい山と言われて、なめてかかったら大変な山だった。僕は、根本的にアウトドア派ではないのである。アウトドアに憧れているけれど...途中で「弁慶の七戻り」という岩に遭遇した。ここには、両側の二つの岩に2点だけかろうじて留まっている、今にも崩れそうな岩があった。


弁慶ほどの豪傑でも、この今にも崩れ落ちそうな岩をくぐろうとして、7回も行ったり来たりして躊躇したそうだ。現実世界にもこのように、「賭けにでようかな」、「どうしようかな」なんてこともあるよね。


もしもだよ、6回躊躇して7回目が大丈夫だなんて思って崩れ落ちてきたらどうするんだろう?まるで、ルシアンルーレットのように、どきどきするなあ。 弁慶でも7回も戻ったのだから、蚤の心臓の僕などは、どれだけビビるかと思ったけど、そうでもなかった。でも、下から見上げた感じがすごかったよ。(真ん中の写真)これが、何百年も弁慶の時代から落ちていないとわかっているから安心できるけど、初めてみた弁慶もビビったんだろうね。 デザインでは、このアンバランスを緊張感なんて言ったりもする。僕は、どうしてもこのアンバランスなものに惹かれてしまうのだな。人間の魅力もそうだけど...

21回の閲覧8件のコメント

美しく、輝く、輪を求めて。

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-13-8 アビターレ神宮前B-3 TEL.03-6721-1763

©VIGLOWA Inc. All right reserved.