Rikke Darling Northern Lights展を終えて

9月5日(水)にスタートした企画展が本日で終了しました。 多くの方に御来廊をいただき、心から感謝しております。



Rikkeさんとの出会いは、1年前だった。ちょうど、昨年の今頃、当ギャラリーの作家Shirokiに「これからは、facebookよ」と勧められ、手探り状態でfacebookをやり始めた。まだ、ギャラリーをオープンさせてから半年くらいで作家集めに苦戦していた。なにせ、何も実績のないギャラリーなのだから。日本ではいろいろな作家に声をかけたが、名のないギャラリーで取り扱い作家に進んでなろうなんていう人は少なかった。


『日本ではなく、世界へ目を向けてはどうだろうか?』と心を過った。始めたばかりのfacebookにRikkeさんの作品を見つけた。何週間もいろいろな作家を見てきたが、この見た事もないアートは、僕の心の琴線に触れた。気がついたら、夢中でメールを書いて送っていた。「あなたの作品に感銘を受けました。


私の育った北国は、あなたの国デンマークと同じように厳寒の地で雪解けには荒涼とした世界が広がります。あなたの作品を見ていると生命の起源を喚起させ、心地良い毒気を感じます。ぜひ、日本で企画展をやらせてほしい」と伝えた。Rikkeさんからは、すぐに「あなたのウェブサイトを見て、あなたのギャラリーにとても興味があります」という内容の返事がきた。




お人形さんみたいに可愛い4歳のLineちゃん、あまりにも可愛いので写真を撮らせてもらおうと思ったら、見知らぬ東洋人が怖いみたいでママに抱きついてしまった。Lineちゃんの写真を撮らせてもらえなくて、少し傷付いていた僕にRikkeさんからの心遣いでLineちゃんの絵をプレゼントしてくれた。ちょっと、うれしい。


企画展開催中、Rikkeさんは京都と箱根を観光、当ギャラリーレセプションでは土日2日間フルに常駐してくれた。その間、まだお客さんがいらっしゃる空き時間に日本の印象、デンマークのこと、作品についての詳細を聞かせてくれた。

日本とデンマークの文化の違いにすごくエキサイティングしていた。箱根で泊まった旅館では、朝ご飯に小さな魚が出たことにすごく驚いていた。「あれは、白子といって稚魚で、大根おろしに醤油をかけて食べる、日本のトラディッショナルな食事だ」と教えてあげた。レセプション2日目の夜は、Rikkeさん一家と一緒に日本食レストランへ。「和食は大丈夫?」と事前に聞いたら「あなたの国の食事にトライする」と返事をくれた。日本については、あまりにも多くの話を聞いたのでここでは書ききれないけれど、なんだか日本っていい国だなと思うようになった。みんで記念撮影して、今度はいつか僕がデンマークへ行ってみたいと伝えた。

8回の閲覧

美しく、輝く、輪を求めて。

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

株式会社ヴィグロワ 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-13-8 アビターレ神宮前B-3 TEL.03-6721-1763

©VIGLOWA Inc. All right reserved.