また、一つ歳をとる

6月に入って、僕は49歳の誕生日を迎えた。

スタッフが、買ってきてくれたバースディケーキ。当社では、みんなの誕生日には、必ずケーキを買ってきて、どんなに忙しくても仕事を中断して、祝うことにしている。


そして、1時間位、他愛のない話で盛り上がる。このひとときは、先輩も後輩もない。そもそも、先輩というのは偉いということではないのだ。人生の中で失敗もあり、成功もあり、さまざまな修羅場をくぐり抜けてきたたからこそ、後輩にそれをアドバイスすることができる。 もしも、僕が、偉そうな口調になっているとしたら、そういうつもりではない。僕自身が、失敗の中から、多くのことを学んできたので、その失敗を未然に防ぐことを教えてあがることができたら、後輩達はもっと高度な次元へ、もっと早くステップアップできるだろう、と思う。 その中でも、僕が、いつも口うるさく言っていることは、真心だ。だから、ケーキにはうるさい。たかがケーキというかもしれないけど、毎回、本気で相手のことを思いやって買ってくるか、という気持ちが大切なのである。クリエイティブのスキルよりも、賞を取るテクニックよりも、クリエイターに取って一番大切なことだと思う。真心のない、クリエイターなんて、ただの横文字職業でしかない。 今回のケーキは、合格!みんな、毎日、毎日、夜遅くまで働いてくれて、ありがとう!みんなで、温泉行こうね!

0回の閲覧

美しく、輝く、輪を求めて。

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-13-8 アビターレ神宮前B-3 TEL.03-6721-1763

©VIGLOWA Inc. All right reserved.