top of page

フィルターを通す

なぞのおじさん、ムッシュ所有の茶漉し。

いつの時代のものか判らないが、フランス製ヴィンテージ物らしい。

日本でいうと急須である。でも、これには注ぎ口がない。もしかしたら、このまま飲むのかもしれない。茶葉を入れて、お湯を注ぐ。茶葉が充分に開いたら、葉っぱが溜まったフィルターを取り出し、お茶を飲むのだろう。 いらなくなった、茶葉は捨てることになるのだが、仕事柄、コンセプトワークにとても似ているように思う。仕事に取りかかるとき、真っ暗闇のトンネルの中で、出口が見つからずにもがいている時がある。でも、諦めずに時間の許す限りこのフィルターを通していると、だんだんと見えてくる。 そもそも、コンセプトとは一体何なのか?コンセプトの意味が分かっている方とは共通の言語を持ち合わせて議論が発展していくが、そうではない方とはどうも会話が噛み合ない。コンセプトにもいろいろなプロセスや最終到達点があるが、シンプルに考えると、この茶漉しのようなものだと思う。 最初の多くの情報を、乾燥した茶葉に例えるとすると、お湯はその情報に命を吹き込むようなもの。最後にフィルターを通って、いらない茶葉を削ぎ落とし、残ったエキスがおいしいお茶となる。このおいしい部分がコンセプトなのではないだろうか?

閲覧数:24回

9 Comments


覚えておいででしたか!!! 嬉しいです。 さらに作品に好感を持っていただけるとは。 私のようなまだ経験の浅い人間にとって非常に励みになります。 決して慢心せずによりいっそう頑張っていこうと思います。 是非また、お話できればと思います!

投稿者:sunao :2009年1月26日 14:46

Like

>sunaoさま

コメントありがとうございます。 ホームページの作品を拝見して思い出しました。 あのカエルのグラフィックが印象的でした。 他の作品もいいですね。 時代の先端を駆け抜けていく、 グラフィックアートですね。 かっこよくて好きです。 コンセプトは大事ですが、最後はかっこ良くて 美しいものが人の心をとらえると信じています。 また、機会があれば語りたいですね。

投稿者:hide★ :2009年1月25日 17:15

Like

突然のメッセージ失礼します。 以前一度だけ篠原様とお会いした事があるのですが、そのとき「美しいもの」についてお話を伺いました。それ以上の詳細な会話の内容は覚えていないのですが、深く感銘を受けまして、あの日以来、密かにこちらのブログを拝見しておりました。 私はまだまだ篠原様の考えに遠く及びませんが、コンセプトの話、なるほど!と思います。今後の参考にさせていただきます。ありがとうございました。

投稿者:sunao :2009年1月25日 16:32

Like

>uenchさま

あの辺ですか? 何度か歩いたことがあります。 風情があって、いいですよね。 偶然にも、今日、当社スタッフ達が ベトナムコーヒーの話をしていました。

投稿者:hide★ :2008年8月20日 01:46

Like

東大と湯島天神の中間あたりだったと思うんですが、 骨董屋さんまだあるかなあ? 今度行った時、チェックしてみますね。 ベトナムコーヒーのフィルタは、ぜひいつか日記でご紹介しまーす♪

投稿者:uench :2008年8月20日 01:35

Like

美しく、輝く、輪を求めて。

bottom of page