深夜のハッピッ、バースデー♪

6月7日、日付が変わって僕の誕生日である。 乙女心のような、とても複雑な48歳になってしまった。


誰にも気付かれずにひっそりと誕生日を迎えるのかと思いきや、昨日、当社のスタッフIが、「47歳、最後の日の記念に」とクチナシの花を買ってきてくれた。


それは、とてもとても香りが良く、身も心もリラックスさせてくれた。一見、白いバラにも似ていたが、香りが強くバラとは違うのが一目瞭然である。学名の種名にjasminoidesというのもあるが、強い芳香から「ジャスミンのような」という意味があるらしい。


秋になるとオレンジ色の果実をつけ、熟しても割れない(口が開かない)ことから「口無し」と名付けられたようである。また、クチナワナシ=クチナワ=ヘビ、ナシ=果実から、ヘビくらいしか食べない果実、という意味からクチナシと名付けられたという説もある。


こんなに良い香りを楽しませてもらったが、とにもかくにも、48歳ということは、もうすぐ、50歳じゃないか!心は未だ、18歳の時とあまり変わっていないのだが...少しは、大人にならなくては!

35回の閲覧

美しく、輝く、輪を求めて。