金沢の金箔工芸

金沢のひがし茶屋街を歩いていると、優美な街並が目に入った。和服姿の女性がこの街にはよく似合いそうだ。


そして、金沢と言えば金箔文化が美しい。他のアジア文化の金箔の使い方ともちょっと違う。ぎらぎらしていない。しかも、純金プラチナ箔が世界ではじめてここで完成されたらしい。

ひがし茶屋街を歩いていると、すぐに箔座という金箔のギャラリーショップを見つけた。東京の日本橋にもショップがあるようだ。


しなやかで美しい光を放つ金箔は、美術工芸に生かされ加賀百万石の文化を支えてきたという。世界に誇る伝統の技は、時代にふさわしいカタチで今に受け継がれている。僕が立ち上げたばかりのGALLERY VIGLOWAもこんな日本の伝統工芸をどこかに取り入れたいと思う。 しなやかで美しいというキーワードに触発され、VIGLOWAのヒントへ多いに役立ちそうだ。

閲覧数:2回

美しく、輝く、輪を求めて。