top of page

初登山

登山の大先輩であり、人生の大先輩に八ヶ岳へ連れて行っていただいた。


山の大先輩の「まずは、足慣らしから」というお言葉を真に受けて、軽い気持ちでトレッキングシューズを購入し、準備万端だと思っていた。


みんなで、バースデーケーキを食べながら、「服装はどうするのか?」という話になり、僕は「ジーンズでいいんじゃないの?」、ウチのスタッフ達は、声を揃えて「ダメですよーーーーー!」と言う。僕は、内心、『こいつら、なんでそんなこと知っているのだ?』と思った。


前日、慌てて神保町へ、撥水加工のカーゴパンツと半袖のTシャツを買いに行った。山頂で、記念撮影をした時に、色のコーディネートもしっかり考えて....後で、『さすが、デザイナーは、山へ行ってもコーディネートはばっちりだね』と、言われることをイメージトレーニングしながら。夜になり、友人Sから、心配そうに準備できたかどうか、電話がある。友人には、『(おまえに登山は)似合わねーーー!』と言われる。そして、半袖はダメだと言われる。


朝3時半に目が覚める。山の大先輩に車で迎えに来ていただき、朝7時30分、八ヶ岳の観音平へ到着。天気予報は、雷雨。周りはちょっとガスっていて、カッコーが鳴いている。いよいよ、出発。30分位は歩きやすかったが、段々と苦しくなる。都内でも普段は、30分も歩いたことがないのだ。50分経った頃で、10分の休憩。


1時間半も経った頃、雨が降ってきた。息が切れる。苦しい。これが、足慣らしか?と内心思う。密かに登頂ルート図をこっそりと見る。まだ、5分の1じゃないか?一眼レフカメラを持って行ったけど、写真を撮るなど、ゆとりなんかない。


あとは、ほとんど、無心。何度かの休憩後、山の大先輩に「もうすぐ、山頂です!」と言われた。下の写真の真ん中あたりに、山頂の標識が遠くに見える。急に「写真を撮らなくては!」と思いカメラを取り出す。


記念撮影の写真が、魂が抜けたようだ。意識が朦朧とした中で、途中の記憶があまりない。3時間半は、登ったようだ。編笠山、標高2,524m、気温は、5度。

閲覧数:40回

20 Comments


>小江戸川越さま

ついに登りましたよ。 小江戸川越さんも山がお好きだったのですか? 今度、山の話で盛り上がりましょう。 山は、いいですね。病み付きになりそうです。 日頃のトレーニングの成果が生かされて、筋肉痛はありませんでした。

SOHCを大切にしていただいて、大変光栄です。 たまに走っているのを見かけると懐かしくなり、 乗っていたころのいろいろなシーンを思い出します。

投稿者:hide★ :2007年6月16日 01:25

Like

ザップさん!ついに山に登りましたか?嬉しいです。私が山が大好きだからでしょうか? 感性が飛びぬけて鋭い方なのは、A-Iiショップでお会いして伺っているので、人柄は十二分に納得しております。いつもカードありがとうございます。山のフォトはいい雰囲気ですね。 Powerが益々ザップさんを包んでいくような気がします。凄くいい表情をしていらっしゃるので とても嬉しいです。お譲り受けたものを最近、キッチリとメンテしました。SOHCは今でもコンクールコンディションです。ご安心ください。 山のフォトに感動してしまいつい顔を出してしまいました。ザップさんのブログは本当に元気が出ます。山のせいでしょうか?神々しさすらを感じますね。山に愛されているようでうらやましいです。いちファンより日ごろの感謝をこめて。

投稿者:小江戸川越 :2007年6月16日 01:03

Like

>にしけいこさま

もう少々、お待ち下さい。 只今、執筆中です。

あっ、さいとーか!

投稿者:hide★ :2007年6月14日 21:11

Like

ぶろぐ〜まだ〜 ぶろぐ〜ぶろぐ〜、もう待てない。

今日は1日10回以上チェックした。

作戦か?

にしけいこ

投稿者:さいとー :2007年6月14日 21:08

Like

>さいとーさま

はい、はい! 只今、植物を調べているところです。 もう少々、お待ち下さい。

投稿者:hide★ :2007年6月13日 10:24

Like

美しく、輝く、輪を求めて。

bottom of page