Stray Cat Strut

野良猫が僕に懐いた。 どこか同類の香りでも漂ったか、僕に気がつくと優雅に腰を振ってこちらへ向ってきた。




ストレイ・キャッツというバンドのStray Cat Strutという、80年代にヒットした曲がある。僕が今でも好きなミュージシャンのひとりブラアイン・セッツァーの曲。今、僕はこの曲を課題曲にしていたところ。この一匹の野良猫を見て、この曲を思い出した。

デビュー時のブライアンは、とても端正な顔立ちでまるでジェームズ・ディーンのようだった。透き通った青い目、きれいな形の唇、鼻筋が通った高い鼻、誰が見ても美少年だった。80年代のパンク時代にロカビリーを復活させたロックン・ローラー。10代の頃は、バイクを乗り回し、エディ・コクランに憧れ、不良だったらしい。



ある番組のインタビューで、ブライアンは言った。「おれは、ボルボに乗っているような奴らとは付き合わない。ギターは尖っている形の物よりもこの丸くて、女の体のようなギターがいい。こいつを片時も離したことがない」と言って、グレッチG6120を撫でまわしていた。(こんなセリフに憧れる〜!)両腕にはすごい入れ墨をして、当時でも珍しいゲキ尖りリーゼントで、ふてぶてしくて悪そうだったけど、目だけはどこか澄んで真っすぐ遠くを見ていた。


ニューヨーク生まれのブライアンは、最初、アメリカでヒットせず、ロンドンに渡り成功を収める。UKロックだと思っている人もいる。その後、アメリカへ戻り成功するのだが、イギリス人からは見放される。まるで、バンド名のような身寄りのない野良猫だ。それでも、毅然とした態度で自分のスタイルを貫いた。決して卑屈にならずに。いや、僕にはそう見えただけかもしれない。ステージに立つと、リーゼントを片手で掻き上がる仕草がかっこいい。


この猫の後ろ姿のように、Strut....孤独で寂しがり屋のくせに気取って歩く野良猫。表現者として、どんなに辛くてもこの生きざまを見習いたい。(ブライアン、しびれる〜〜〜!)

17回の閲覧8件のコメント

美しく、輝く、輪を求めて。

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-13-8 アビターレ神宮前B-3 TEL.03-6721-1763

©VIGLOWA Inc. All right reserved.